ウーバーよりも結局タクシーの方が給料は高くなる!

「今増えているウーバーイーツの需要」
新型コロナウィルスの影響で、自粛生活を求められた日本では、ウーバーイーツの需要も高まりました。ステイホーム週間という言葉も生まれましたし、家で過ごすために、また感染を拡大しないためにできるだけ家にいようという流れでデリバリーを利用する方が増えたからです。自転車やバイクなどでデリバリーをするのですが、初期費用もリュック代ぐらいですし(やめるときには後から返金される)、コストもかけずに始められるという事や採用率が高いという点で選んでいる方も多いです。簡単に始められますし、システムを見ても自分の好きなタイミングで、空いた時間だけで短時間でも仕事が出来るというメリットも有ります。その反面時給にするとかなり安くなってしまうというデメリットもあげられます。ウーバーイーツはタクシー運転手の給料と比較すると、歩合制という点では同じですがかなり違ってきます。

「給料の良い方を選択するのであればウーバーよりタクシー」
タクシー運転手になるためには、自動車の二種免許を取得しなければなりません。免許を持っていないとなれば話は別ですが、タクシー会社によっては2種の免許は会社が負担して取らせてくれるというところも有ります。その内容は全額のところもあれば何割か負担というところもありますので、事前にチェックしておきましょう。初期費用という点では、準備するものが必要だったり、費用が掛かるという点ではデメリットもあるかもしれませんが、トータル面で見てみますと給料は確実にタクシーの方が上回ります。

「ウーバーイーツは体力も非常に重要なポイント」
ウーバーイーツでデリバリーを行う場合、バイクですと自力走行ではないのですが、自転車の場合は結構な移動距離になることもあります。さらに坂道の多い地域であったり、天気にも左右されるので体力勝負という面もあるでしょう。もちろんタクシーにおいても歩合制になりますので、稼ぐためには長時間勤務が必須となります。体力が勝負という事を見ればどちらも共通はしていますが、自力で屋外を走行しなければならないウーバーの方が体力的な負担が大きくなると想定されます。若いうちであればそれも健康のためとなるかもしれませんが、働いている方を見ても若い年齢層の方が多い事に気づくでしょう。長く続けられるという点でもタクシードライバーは優れていますし、働き方次第では一般的な仕事よりも稼げます。