タクシードライバーの給料の仕組みや年収を知ろう

どのような仕事に就くとしても、どれくらいの給料がもらえるのかということは気になるのです。その中でもタクシードライバーは基本的に一人で行う仕事であり、自分の自由なペースで働くことができると気になっている人もいることでしょう。しかし気になることのひとつに、給与と売り上げに対しての取り分が一体どれくらいなのかということがあげられます。会社が定めている給与体系によっても自分の取り分の割合は異なります。働く地域によっても個人差が出てくことでしょう。タクシードライバーの全国的な平均年収としては、約300万円ほどだと言われています。平均とはいえ、地域により年収の差はかなり大きく、個人差もあるものです。1日のタクシーの利用者数が全国で一番高いのは東京都内といわれてますが、東京都内だけで見た場合には、平均年収は約400万円ほどにあがります。売り上げがあった際の取り分は全体の売り上げの約50から60パーセントといわれ、残りが会社の売り上げとして計上されることになります。タクシードライバーの給料は安いというイメージがある人も多いかもしれませんが、その逆もしかりであり、あくまでもこれらは平均年収であるため、自分のやる気や工夫次第で収入アップは十分可能ということです。

多くの会社で採用されているものか歩合制で、ドライバーが売り上げをあげることが収入を上げるコツとなります。一般的にタクシードライバーの給与体系としては主に三つの種類に分かれます。その一つめが固定給与制度で、これは毎月決められた金額が支給されるものです。反対に完全歩合制度と呼ばれるものは、売り上げに対し決められた割合でドライバーに支給されるものを指します。売り上げをあげることで給与に反映されるといえるでしょう。最後の一つが基本給プラス歩合給で、定められた基本給にプラスして歩合が加算されるものです。一番多くみられる給与体系と言えるでしょう。

タクシードライバーの給与体系の中で歩合制が含まれているのであれば、与えられる給与の金額が、働き方により大幅に変わってくることでしょう。給与を上げたいのであれば、自分で工夫をしたり頭を使わなければなりません。乗客を増やすことによりどんどん給料は上がり、乗客を増やすためにも待機場所を考えたり、利用しやすい場所などを知っておくことが求められます。最初は難しいかもしれませんが、1日の時間の使い方、車を移動させる場所、1日の人の動きなど様々な状況を見極めて行動することが求められます。