タクシードライバーへ転職する際に知っておきたい「給料」のこと

タクシードライバーへの転職を考えている場合、一番気になるのは給料はどれぐらい貰えるのかということでしょう。平均的に見れば、年収は300万円を少し超えるぐらいであり、他の民間企業を含めた日本の平均より100万円程度低い水準になります。そのため平均だけ見ると、あまり稼げないように思えてしまいますが、実際には平均以下の人もいればかなりの高収入を得る人もいるといったように、給料の額にバラつきがあるのがこの業種の特徴です。高収入の人の中には年収1000万円というケースもあるほどですから、やり方によっては平均の3倍以上稼ぐことも可能でしょう。

タクシードライバーの給料がなぜこれほどバラつきがあるのかというと、それは給与形態が「歩合制」になっているところが多いからです。歩合制というのは、仕事を多くこなせばその分だけ給料が高くなり、逆にあまり仕事ができなければ給料が低くなるという仕組みになります。そのため、仕事をこなす量によって年収が高くなったり低くなったりするわけです。

しかし歩合制と一口に言っても、いくつか種類があり、完全歩合制のところもあれば、基本給と歩合給をプラスしたところなどがあります。完全歩合制は、売り上げに歩合率を掛けたものがそのまま給料になるというものであり、完全に実力勝負のシビアな給与形態だと言えるでしょう。そして「基本給とプラスする形態」は、一定の基本給が保証された上で、残りの分が歩合制によって変動するというものになります。そのためこの給与形態は、歩合制によって稼げる一方で、基本給の保証もあるという安心感も得ることが出来ます。さらに言えば、タクシードライバーの歩合制には、先ほどの2つ形態の中間的なものもあると言えるでしょう。

タクシードライバーの給与形態で多い歩合制にはいくつかの種類がありますが、初めてこの業界に転職する場合は、「基本給をプラスする形態」の会社がおすすめです。初心者の場合は、上手く客を獲得出来ないことも多いので、基本給の保証があったほうが何かと安心できるからです。そしてある程度慣れて自信がついてきたところで、完全歩合制に近いものに変えてもらったり、そうした給与形態の会社に転職したりすれば、より高収入を得ることが出来るようになるでしょう。また、歩合給の給料額に影響する歩合率というのは、タクシー会社によっても違うため、転職する際は歩合率が高いかどうかということもチェックポイントになります。