地方のタクシードライバーが給料を上げるためには

地方都市や田舎などで働いているタクシードライバーは、東京や大阪などの大都市と比べた場合には、どうしても乗客の数が少なくなります。乗客が少ないとなかなか稼ぎにくいという傾向にあるでしょう。しかし地方のタクシードライバーでも、少しの工夫をすることによって、給料を増やせる可能性も考えられます。その一つがピンポイントで待機を狙うことです。地方都市の駅前では、タクシー乗り場で待機しているタクシーの台数はそれほど多くはありません。公共交通機関の整備状況などによっても異なりますが、駅を利用する人が少ないことや、停車する列車の本数が少ないことも影響しているでしょう。そのため駅前で乗客が現れるのを待っていたとしても、なかなか現れないのが実情です。このような地方都市では、ピンポイントで乗客が現われそうな場所を探すことが狙い目です。企業や施設などを探して、ピンポイントでの待機を狙いましょう。

そして残業の多い会社を探すことも一つの手段となります。その中でも夜間の残業が多い会社を狙います。その会社の従業員が夜遅くに勤務を終えるころを見計らって、その周辺で待機します。地方都市の場合には、都会と比べると列車の本数も少なく、終電も早い傾向にあります。どんなに気をつけていても、公共交通機関の終電に間に合わなくなってしまうことが予想されます。帰宅できなくなることは大いに考えられるため、その際にはタクシーが重宝されることでしょう。会社が従業員のタクシーの費用を経費に入れていないこともあるもの、自分のお金を出してもタクシーで早く帰って休みたいと考える従業員も多いものです。地方都市の場合にはマイカー通勤の割合が高くなっていますが、中には公共交通機関を使い通勤する人も当然見られます。このようなニーズをうまくとらえることによって、乗客を獲得し給料を上げることにつながります。

最後に列車やバスの本数の少なさを逆手に取ることです。地方都市の場合には、列車やバスの本数は少ない傾向にあるでしょう。例えば一度特急に乗り遅れると、次に来るのが2時間後なのはざらです。バスも逃すと1時間待たなければならないケースも多いので、最終手段としてタクシーを使う人も見られます。タクシードライバーとしては、時刻表や企業の始業時間などを把握してタイミングよく行動すれば、稼ぎを増やして給料を上げるポイントになるでしょう。これらの工夫を頭に入れておくことで、今よりも給料があがることが見込めます。