タクシードライバーの給料は歩合制

タクシードライバーの給料は歩合制です。これは、どこのタクシー会社も同じです。ただ、会社によっては歩合の算出方法が異なりますので、歩合を多く支給してくれる会社に行けば給料もよくなります。中には足切り制度があって最低ラインに達しなかったので歩合なしという会社もあります。

この歩合制度は稼げるドライバーにとりましては歩合が多いので月の給料が四十万円を超え、逆に稼げない人は二十万円と大きく差があります。稼げる人はモチベーションがあがりますし、稼げない人はモチベーションが下がるだけです。

では、稼げる人はどうやって稼いでいるか。それは、固定客と稼ぐノウハウを兼ね揃えているからです。固定客がいれば、その人が利用するだけで売り上げが入りますし、出発地まで向かった場合は迎車料金で稼ぐ事ができます。深夜帯であれば深夜料金で稼ぐ事ができますので、固定客が多ければ売り上げも増えます。
ノウハウは、この時間帯はあの場所であれば人が多くいるとか、電車の運転見合わせの時は駅前で乗客をキャッチする、イベント会場で客待ちするなど、多くの方法があります。

そして、東京都内であれば、ドライバーとしてのランクを設けている会社があります。このランクが上がればドライバーとしての待遇が良くなりますので、この点でも稼げるかどうかが大きく変わってきます。ランクが低い場合に客待ちが出来なかったポイントもランクが上がったので客待ちが認められるケースがあります。

でも、タクシードライバーとして給料をより稼ぎたいと考えているのであれば、個人タクシーを開業することです。開業するには条件がありますが、独立開業すれば稼働日や勤務時間も自分で決めることが出来ます。売り上げに関しても月の総売り上げから諸経費を引いた費用が月の儲けになります。個人タクシーであれば、歩合制度ではなく稼いだ分がそのまま自分に跳ね返ってきますので、やりがいを感じ取ることができます。

歩合制度はタクシードライバー以外でも、保険外交やスタジアムの売り子さんも当てはまります。この歩合制度で稼げている人の特徴は、やる気があるのも重要ですが状況判断が良くできて臨機応変に対応できて気配りが上手なことです。この点は、タクシードライバー以外の歩合制で稼いでいる人にも言えます。

運転が好きな人で、臨機応変に対応できて、ガッツリ稼ぎたいと考えている人であれば、タクシードライバーは転職であると言えます。