タクシードライバーの平均給料

タクシー運転手の給料は働き方や地域・会社によって様々ですが、平均すると年収は約300万円程度・月収にすると約20万円になります。基本的には基本給が安めに設定されている代わりに、売り上げの一部が給料に上乗せされることが多いです。基本給の高い東京都の場合は、タクシー利用者が全国で最も多く稼ぎやすいことから平均年収は400万円程度ほどあります。

タクシードライバーの給料体系は大きく分けると3種類あり、まず1つ目に挙げられるのが歩合制です。歩合制はドライバーがそれぞれで売り上げを上げていくことで、収入を高くすることができます。土地勘がある人やドライバー歴が長い人、人の行き来がありタクシーを利用する人の数が多いところであれば歩合制の方が給料が高くなることがあります。歩合制の中でも完全歩合制と、基本給にプラスして歩合が加算される制度に分かれています。会社によって定める給料形態は異なっているため、あらかじめ調べておくことをおすすめします。給料形態の3つ目に挙げられるのが、売り上げに関係なく毎月決められた金額が支給される固定給与制度です。しかし、固定給与にしてしまうと実力ややる気に個人差があっても給料に反映されません。そのため、固定給与にしている会社は少なくほとんどが歩合制を採用しています。

歩合制の場合、お客様が多ければ多いほど稼ぐことができるためお客様の数を増やす工夫をしなければいけません。人を増やしたいのなら待機場所を変えてみたり、お客様が利用しやすい場所を知っておく必要があります。また、お客様の人数は少なくても距離によって稼ぐことができます。遠方まで行くお客様をつかまえることができる待機場所を確保することが大切です。続いて給料を増やす方法として夜勤を増やしたり、出勤日数を増やす方法があります。夜勤の方が手当てがいいので、できるだけ夜勤勤務を増やしてみましょう。

タクシードライバーの全国における平均年収は約300万円ですが、中にはとても稼いでいる人もいます。稼いでる人は日々頭を使って働いており、1日の時間の使い方から車を移動させる場所・お客様の1日の流れまで経験や知識から予測しています。初めから稼ぐことは難しいかもしれませんが、なんとなく働くのではなく色々なことに視野を広げてみると稼げるようになる可能性も高いです。まずは気になる会社の給料形態がどのようになっているのかをしっかりと調べましょう。