タクシードライバーの給料について把握しよう

他の業種からタクシードライバーに転職したいと考えるともいるかもしれません。タクシードライバーの仕事は、個人で行うことがほとんどであり、苦手な上司と同じ空間にいなければならない必要もなく、車で様々な場所を巡ったりと気楽なイメージを持つ人もいることでしょう。そのような中で気になることとして給料の問題が挙げられます。タクシードライバーの給料は安いイメージを持っている人が多いかもしれませんが、そのイメージ通りに、タクシードライバーの平均的な給料は、一般のサラリーマンと比べるとやや低めの傾向があります。給料の平均は月に約27万円ほどとされています。しかしタクシー会社の多くが、歩合制の給料体系である会社が多いので、働き方次第で給料が変わるのが大きな特徴といえるでしょう。またそのほかにも地域や会社の規模などによっても違いが出てくるのが実情です。

タクシードライバーの給料は、実は地域によっても大きく異なるものです。地域によりタクシーのニーズや利用者数なども大きな差があり、それに伴ってドライバーの給料も違ってきます。タクシードライバーの年収が最も高いとされているのは東京都で、その金額は約420万円ほどとされています。それに次いで神奈川県、愛知県と続きます。反対に年収が低い県としては、鹿児島県、鳥取県、岩手県となっています。最下位の県と東京都を比べた場合には、なんと年収は倍近くも差があることがわかります。

また地域だけではなく、会社の規模によっても給料が変わる傾向にあります。もちろんタクシー会社の規模が多ければ大きいほど、タクシードライバーがもらえる給料も高い傾向にあります。特にボーナスなどの金額は、大規模な会社と中小規模の会社ではかなりの差が出てくることでしょう。従業員が100人以下である会社の給料を比べると、1000人以上の会社の7割にも達していないことが分かっています。とくに有名な大手の会社であれば、利用者も安心して利用することにもつながり、選ばれやすいということも理由の一つにあたるのかもしれません。

さらにはタクシードライバーは若いほどたくさん稼げる傾向にあります。一般的なサラリーマンの場合には、40代から50代で年収がピークになるケースが多いですが、タクシードライバーの場合には、年収のピークを迎えるのが25から29歳となっています。若い方が体力もあり、夜間や長時間でも働きやすいことなどが関係しているといえるでしょう。