ノエルの初心者も楽しめるカジノ

オンラインカジノのクラップスは、2つのサイコロがどんな目を出すかを予想するゲームで、専用のテーブル上に書かれた場所にチップを置きます。ノエルをはじめとしてオンカジでは一人でプレイできますが、ランカジでは複数のプレイヤーが参加して行われます。クラップスゲームは、ソフト開発会社によってベットの種類が異なっており、プレイスアゲインベットやC&Eスピリットベットに対応したゲームもあります。クラップスの一般的なゲーム進行としては、まず、親側であるスティック・パーソンがサイコロを5乃至6個用意します。ダイスを振るシューターはプレイヤーの中から選ばれ、オンカジでは一人のプレイヤーがシューターを務めます。ランカジの場合は、ポイントが決まるまで同一プレイヤーがシューターを継続します。但し、シューターは、パスラインかドントパスのいずれかに賭ける必要があります。

ランドカジノのクラップスでは、スティック・パーソンが用意したダイスから、シューターが2個のサイコロを選んでシュートします。その際、サイコロの一つがテーブルの反対側の壁に当てる必要があります。これはカムアウトロールと呼ばれるルールで、壁に当たらなければやり直しとなります。サイコロの出た目の合計が2と3、7と11、そして12であれば勝敗が決まるのでゲームは終了します。それ以外の出目であれば、数字がポイントとなるので次に進むことになります。因みに、此の場合はポイントロールと呼ばれています。ポイントロールに入ってからは、サイコロの出目の合計が7又はポイントの数になると、クラップスの勝敗が決まることになり、スタートに戻ることになります。クラップスは、カムアウトロールからポイントロールへの流れとなり、しばらく同じ状態が続くこともあります。

最もお得なオンラインカジノは?ボーナス条件を徹底比較してみた

オンラインカジノのクラップスでは、まず、ベット額を設定してからチップを置きます。プレイヤーが自らサイコロを振って、ゲームを進めていきます。ベットを削除するには、Shiftキーを押しながらチップをクリックすることで可能になります。賭け金額の上限と下限は、テーブルレートに表示されるので、マウスで拡大して見ることができます。サイコロを振るにはロールをクリックすればよく、出た目の結果によって配当が支払われます。オンカジのクラップスは、ノエルをはじめ一人でプレイするので、プレイヤーは必ずパスライン又はドントパスラインに賭けることになります。ハードウエィやエニイセブンなどは一回ごとの勝敗に賭けるゲームですが、その際にも同様にプレイヤーは賭ける必要があります。そして、賭ける種類によって配当も異なります。

オンラインカジノでビデオスロットやバカラを楽しむならベラジョンカジノで無料登録して遊んでみよう!