カジノの反対意見の妥当性について

カジノが日本でも解禁されるかどうかという瀬戸際まできていますが、反対意見も多く解禁までにはまだまだ多くのハードルがあります。
反対意見も確かに納得できるものもありますが、妥当性が怪しいものも少なくなく感情論で反対をしている人も少なくありません。
賭博が禁じられている日本ではカジノと聞くとどうしても犯罪というイメージがでてしまいますから、メリットとデメリットを比較する際にデメリットばかりが強調されてしまうという側面が多く、反対の声が強くなってしまう傾向にあります。
カジノを解禁することによって得られるメリットも多ければ、問題点も少なくないので慎重に議論をするというのは大事なことですが感情論で否定をするという訳にはいきません。
反対をするにしても冷静になって、反対意見の妥当性を考えなければなりません。

カジノの反対意見として多いものが、ギャンブル中毒者の数が増えるというものがありますがこれは妥当性が欠けるといえます。
なぜなら、日本ではすでに公営競技からパチンコに宝くじ、雀荘と言った様々な賭けを手軽に行うことができる環境にありますから、カジノができたぐらいでギャンブル中毒者が増えるというのは考えにくいためです
カジノのゲームが取り立てて射幸心を煽るということもなく、人気のバカラやクラップスは爆発力の少ないおとなしいゲームですし控除率も低い分だけ長く楽しむことができ損をしにくいともいえます。
このようなことを考慮するとカジノができたからと言って、ギャンブル中毒者が増えるということはありませんし、逆に今まではまって大きく損をしていた人が程々の負けで済むということも考えられます。

治安の悪化を理由に反対するというケースも多いものですが、これも妥当性があるとはいえません。
確かに治安の悪化につながりやすい要因ではありますが、それだからこそ風紀を乱すものに対して厳しく取締を行うことによって治安が安定するということもあります。
実際にカジノのある国や地域が治安が悪いかというとそのようなことはなく、むしろ外国人観光客が安心して遊ぶことができるように治安の維持に力を入れていることが多く、安全であることも少なくありません。
対策をしなければ治安が悪化してしまう可能性というのは高いものの、対策をすれば治安が向上することすらあります。
治安の悪化の懸念に関しても対策をすれば問題はなく、何もしない前提で治安が悪化することを理由に反対をするのは妥当性が欠くといえます。