のんたんも楽しめるカジノ

クラップスは、ダイスを2個投げて遊ぶゲームで、その目を当てるギャンブルとなります。日本ではのんたんのように馴染みがありませんが、世界中のカジノで人気が高いゲームになっています。その理由としては、プレヤー自身がダイスを振れることで、プレイヤーは左回りに順番にシューターの役目が回ってきます。但し、オンラインカジノの場合はプレイヤーが常時シューターの役目を担うことになります。ランカジでは、このダイスの一振りにテーブルのプレイヤー全員が一喜一憂することになり、場が大いに盛り上がることになります。その雰囲気がオンカジでも再現されており、プレイヤーが一人でも大いに盛り上がることができます。クラップスのゲームテーブルは、左右対称となっており、左右で同様に賭けることが可能です。ランカジではプレイヤーは立って行い、熱狂する感じが伝わってきます。

クラップスには、ボックスマンというテーブル管理者がいて、ディーラーの監視をはじめ、配当や賭け金の間違えがないようにゲームの全体を監視しています。中央のボックスマンの対面には、スティックを持ったスティックマンが場所を占めています。投げ終わったダイスを集めるのと、次のシューターに渡す役割を担っています。それと同時に、中央のプロポジションベットの管理も果たすことになっています。加えて、ダイスの目を読み上げるのも、スティックマンの大切な役割の一つです。一方、ディーラーは、ボックスマンの左右に一人ずつ配置されることになっており、プレイヤーの指示に従ってベットチップを配置します。そして、チップの回収と配当を行うと共に、プレイヤーからの質問や相談に応じる役割も担っています。

クラップスの投げ方としては、プレイヤーが左回りにダイスを投げます。ダイスを投げる人をシューターと呼び、スティックマンが次のシューターを指名します。但し、プレヤーはシューターをパスすることも可能です。ダイスを投げるルールとしては、反対側の壁にぶつけることが決まりとなっています。それは、投げ方によってはダイスコントロールが可能になるからで、壁にぶつけることでコントロールを防止しています。また、ダイスとチップが重なってしまい、出目がわかりづらい場合は、投げ直しとなります。これらの判定はボックスマンが行うので、プレイヤーはボックスマンの判断に従わなくてはなりません。加えて、シューターになったプレイヤーは、必ずパスラインかドントパスに賭けなくてはなりません。但し、シューター以外ののんたんプレイヤーは賭けることを強制されません。一方、オンラインカジノでは、プレイヤーが一人でシュートします。