カジノの飲み物のをオーダーするときの注意点

カジノには無料の飲み物サービスがある
カジノには無料で飲み物をサーブするカクテルウェイトレスと呼ばれる女性が巡回しています。ブラックジャックやスロットマシンをプレイしている最中に、このようなウェイトレスが注文を取りに来てくれます。もちろん何も必要なければ注文する必要はありません。意外に思うかもしれませんが、男女平等の風潮が強いアメリカでもラスベガスのカジノではいまだにカクテルガール(カクテルウェイトレス)がいます。差別主義という話もされず、いまだに制服を着てサーブしてくれます。ドリンク類はノンアルコールドリンクをはじめ、ミネラルウオーター、ビール、ワイン、スコッチ、カクテルなど大抵のものはオーダーすることが可能です。最近ではグリーンティーも出すところが増えていると言われます。

無料でもチップは必要になります
カジノでプレイすると飲み物は無料になります。ところが無料と言ってもカクテルウェイトレスには必ずチップを渡します。いろいろな形態で働いている(これだけを主流の働きとしているとは限らない)方がいるのですが、特に米国ではチップで生活する人が多いので、最低でも一ドル程度は手渡しする必要があります。このチップは現金でもカードでもOKです。日本のサービスに慣れている方にはチップは理解できない文化のひとつでしょうが、海外ではこれで暮らしている人がいると言われている位なので、飲み物が無料だとしても必ずチップは用意しておく必要があります。また男性によるカクテルボーイという仕事はありません。これも仕事における男女平等というアメリカの流れの中では意外な部分です。

ビットカジノでビットコインの枚数を増やす方法【バカラ編】

カジノで無料なのは飲み物だけ?
カジノではホテルで行われるショーやイベント、レストラン利用でも料金を支払うようになっています。ただし他と比べると格安という場合もあります。しかしカジノでプレイするには入場料はかかりません。21歳以上になっていれば誰でも無料でプレイすることが可能です(もちろん賭け金は必要です)。ラスベガスが人気の理由は男女とも楽しめることです。男性ならプレイすることが多いようですが、お子さんや女性ならアトラクションやショー、買い物を楽しむことができます。併設されている施設には楽しめるものが沢山あるので、そこもカジノの魅力のひとつになっています。子連れの方が困らないように、近くに遊興施設があるというのも特長のひとつです。フリードリンクで楽しめる一方で、有料のバーも存在します。そこはギャンブルを楽しまなくてもお酒や生演奏なども楽しめるようになっています。