基本的なランディングページの運用方法のポイント

商品やサービスの販売を促すためにランディングページを制作しても、それをそのまま放置していては効果が半減されてしまいます。ウェブマーケティングを行う上で重要なのが制作したページを運用することであり、基本的な方法を理解しておくことは欠かせません。初めてのランディングページの運用のときには業者に任せてしまい、その実績の報告を受けながら学ぶという考え方も優れています。しかし、基本を押さえてしまえば決してプロでなければできないことではないと理解することが可能です。

ランディングページの運用の基本はコンバージョンを上げるための改善です。アクセス数が十分にあるのに購入に到達する人が少ないというのであればどこかに問題点があります。そもそもアクセス数が少ない場合にはSEO対策をする必要があるでしょう。それをクリアできたとして何が問題になっているかを分析し、ランディングページのデザインを変更していくのが運用方法の基本です。改善のポイントとしてはどこが顧客にとって魅力的でないか、商品やサービスのメリットとして伝わりにくくなっているところがないか、購入を促すためのフォームページへのリンクやフォームそのものが目立っているかといった点が挙げられます。ファーストビューで止まってしまわないように先へ促す魅力があるファーストビューになっているかは特に意識しなければなりません。そこで少し危機感を感じさせるくらいの方が読み進めてくれる可能性が高くなり、購入に結びつきやすくなるからです。

運用の別の方法として販促キャンペーンの入れ替えも重要なものです。ワンパターンでキャンペーンを行っているよりも新しいお得なキャンペーンを組み込んでいった方がターゲットにできる顧客を変えていけるメリットがあります。ファーストビューに新キャンペーンをいつから開始、いつに終了といった形で見えるようにしておくと、それまでに実は一度アクセスした経験がある人も以前よりもお得かもしれないと思って読み進めてくれる可能性が高くなります。期限設定があることでちょうど気づいた今こそ購入すべきという認識をしてくれる可能性もあるのです。このような形でキャンペーンに準じた変更を加えていくのもランディングページを効果的に使用する方法になります。