海外のユーザー向けのランディングページの賢い運用の仕方

海外のネットユーザーも、日本で取り扱っている商品に興味を持つ事が多々あります。その為、海外のネットユーザーに対してもランディングページを用意しておく事で、商品の魅力をアピールして商品を売っていく事が可能です。海外の消費者にアピールする際には、基本的に国内向けのランディングページと同様の構成や内容にしていく事で実現出来ますが、販売促進していく地域によっては写真やイラストなどの雰囲気を現地に受け入れられるような要素に変化させておく必要があります。国内向けのイメージ作りと海外向けのイメージ作りでは、現地の人々の好みによって大きく左右されます。

海外向けのランディングページを賢く運用するには、海外での流行を採り入れてコンテンツ作りをしていきます。海外ページの多くはオシャレなデザインや演出を行っている事が多いですので、ランディングページの内容に合わせて、そのようなデザインや演出を組み込んでいきます。ランディングページのイメージは、コンテンツの配置の仕方や配色、商材写真やイラストなどのニュアンスによって変わってきますので、海外ユーザーに注目してもらえるようなコンテンツ作りと商材写真・イラストを選択します。ページの構成は、商品の紹介から始まり、商品の効能と性能の説明、それに使われている原材料の効能に関する情報、他社製品と差別化している部分を図やグラフを使って消費者に分かりやすく教えるように説明をしていきます。言語は英語や中国語など広く浸透している物を採用し、元の日本語ページを翻訳していくようにした方が効率的にページ作りが行えますが、各言語に合わせて、より適切な表現に変更していけば、消費者に対して商品の魅力を伝えられます。

海外のユーザーにランディングページの存在を認知してもらうには、SEO対策を行って、検索エンジンの検索結果ページにおいて上位に表示される事が必要です。よく検索に使われるキーワードであるビッグワードを使いながら、商品の機能などを指す言葉を組み合わせてコンテンツ作りを行う事が最新のアルゴリズムに対応させるコツです。賢く運用するには、ページが常に目立つようにし、多くのアクセスを集める工夫を凝らしておく事です。また、編集や変更を直ぐに反映させるには、テンプレートを作っておき、CMSなどのツールでページに変更を反映させていきます。CMSは、コンテンツを一元管理するのに最適な機能が多数搭載されていますので海外向けの宣伝ページを長期的に運用するのに便利です。