日本語のランディングページを海外でも使用するためのコツ

ランディングページは検索キーワードに連動したウェブページです。
インターネットは情報を調べたい時に利用出来る便利な道具ですが、従来インターネットと言うとパソコンが必須で、自宅や会社などに置いてあるパソコンのみでアクセスが出来たわけです。
しかし、現代はスマートフォンや携帯電話でもインターネットに接続が出来る便利な時代で、外出先でスマートフォンや携帯電話を使えば、必要な情報を調べる事も可能です。
情報を調べる時には検索エンジンを利用する事になりますが、調べたい情報に関係するキーワードを自ら考える、入力する、検索ボタンをクリックすると知りたい情報が掲載してあると考えられるウェブサイトの一覧が表示されます。
一覧とは別に、検索キーワードに関連した広告リンクも表示が行われる事になりますが、これは検索連動型広告と呼ぶものです。
そして、検索連動型広告をクリックした時、最初に表示が行われるのがランディングページになります。

海外で利用するランディングページのキーワードを考える。
日本語のランディングページは、検索キーワードに関連して表示が行われる事になりますが、これをそのまま英訳しても意味がありません。
海外のサイトで利用する場合には、英文での検索キーワードを考える事が検索結果のページに表示されるか否かが決まるもので、日本語と同じくキーワードの選定が必須となります。
但し、内部コンテンツについては日本語を英語に翻訳する形で使用する事が出来るため、製作コストとしては英訳の費用を考えておけば良い事になるわけです。

ユーザーの人種毎に異なる訴求力。
日本人には魅力的なウェブページも、海外のユーザーから見た時に、魅力を感じないなどもあります。
ランディングページは本体ページとは異なり、コストを掛けずにウェブページを製作する事が出来る、特定のユーザーに魅力を伝える事が出来るなどのメリットがあります。
しかし、日本語のランディングページを英語に訳しただけでは、外国人への訴求力を与える事は難しく、ページにアクセスしてくれても、数秒後にはページを閉じてしまい、本体ページへの誘導が難しいケースは多くあります。
これは、ユーザー毎にウェブページ内のコンテンツを考える事が大切であるのと同じで、海外のユーザーが魅力を感じるコンテンツ作り、デザインなどを製作する事が必要になるのです。
尚、ランディングページの製作会社を選ぶ時には、日本だけではなく海外サイトへの実績を持つ会社を選んでおくのがお勧めです。