国内の商品を海外向けに宣伝するランディングページ

国内では、多くの企業がランディングページで宣伝を行っていますが、同様に国内で取り扱っている商品を海外向けに宣伝する事も出来ます。近年では、インバウンド需要が増していますので、日本へ旅行に来た人々だけでなく、日本に旅行する機会が無くても商品に興味がある人々もいます。海外向けのランディングページは、そのような人々に商品の魅力を伝え、購買意欲を持たせてオンラインショップへと誘導する役割があります。

海外向けのランディングページは、国内向けの物と基本的には同じ構成と内容で構いませんが、言語を対象とする地域で通用する物を使い、翻訳をしていく必要があります。多くの場合、英語と中国語で対応する事が出来ますので、この2言語でページを作っていきます。日本語で作成したページに追加しますと見にくくなってしまいます。言語別でページを作る事で、それぞれの言語圏の人々が読み易い構成になります。海外向けに宣伝をする際に気をつけるべき事は、写真やイラストなどを使う場合、各地域の好みがあるという事です。興味を持ってもらって、商品を購入してもらうには、ページの雰囲気を良くしていく事が必要です。コンテンツは文章主体になりますが、海外向けのランディングページでも構成を維持していく事でSEO対策を行い易く、近年の検索エンジンのアルゴリズムに対応が可能です。

国内で販売されている商品は、海外では知られていない事を前提にして、商品やサービスの魅力が一目で分かる写真やキャッチコピーなどをヘッダ部分に置き、消費者にインパクトを与えて、コンテンツを読み進める環境を整えていきます。商品説明や原材料の機能・効能・効果、商品の性能などを順番に説明していくようにし、商品の魅力を伝えていく工夫をします。フッダ部分では、販売サイトへの案内を行いますので、それまでにコンテンツを読み進めてもらえる興味深い内容にしていきます。長文になりますので、起承転結を心掛けてコンテンツを作成していけば、商品やサービスの説明がしやすく、効率的に海外向けのランディングページを作成する事が出来るでしょう。ランディングページにストーリー性を持たせて構成させていけば、宣伝として機能するだけでなく、読み易い読み物として消費者に読んでもらえます。JavaScriptやCSSのライブラリの中にはアニメーションを活用した演出が出来る物が存在しますので、そのようなライブラリを活用すれば、より魅力的なコンテンツに仕上げていく事が可能となります。