ランディングページ作りを依頼するなら会社情報をチェック

ネットでの売上を伸ばすためにランディングページ(LP)を作りたい、あるいは刷新したいのであれば、ホームページの制作会社を頼るのが理想的です。その理由は、やはり効果が出やすいからです。特に、結果を出しているホームページ制作会社に依頼すれば、コンバージョン率が2~3倍程度になることはよくある話です。仮にネット上での売上が3倍になれば、会社の業績も大きく跳ね上がることになるでしょう。また、最近では従業員の労働時間を削ろうという動きが出ています。社内の仕事量を減らすという意味でも外注することは大いに意味があります。

LP制作会社の選び方には、さまざまな基準が考えられます。例えば、制作会社の規模を重視することもあるでしょうし、制作会社のホームページに掲載されているポートフォリオを確認して選ぶこともあるでしょう。しかし、最も重要なことはその制作会社が信頼できるかどうかです。そこで、その制作会社のホームぺージを細かくチェックすることからはじめましょう。仮に、ホームページのデザインが古臭い場合や更新がしばらくされていないようであれば、できるだけ避けた方が良いでしょう。そして、会社情報を確認することを怠らないようにしましょう。会社情報をチェックすると、その会社が対応できること、その会社の強みをチェックすることができます。例えば、会社の組織図を確認すれば、その会社がデザインだけに強みを持っているのか、あるいは企画やコンサルティングにも力を入れているのかといった情報を把握することができます。そして、デザインだけでなく、企画やコンサルティングにも対応できる会社の方が、理想的なランディングページに仕上がる可能性が高まります。また、会社情報には制作実績を数値で具体的に示している場合もあります。例えば、「1年あたりの制作件数○○件」というように具体的な数値がある方が信頼できる会社と言えます。

このように、ランディングページの制作を外注する場合には、パートナーとなる制作会社についてしっかり調査する必要があります。なぜなら、ランディングページは制作するまでが勝負なのではなく、制作し、一般公開してからが本当の勝負となるからです。制作会社とは長い付き合いとなるため、会社情報は細かくチェックし、担当者ともコンタクトを取って判断することが大切です。