会社概要を参考にして選ぶランディングページの作成依頼先

初めてのランディングページ作成を行うときにはプロに作成してもらった方が無難です。他社のランディングページを参考にして作成するとどうしても同じようなデザインになってしまって、盗作だという誤解を生んでしまうことになりかねません。無料で利用できるテンプレートも存在していますが、決して汎用性が高いわけではなく、どこかで見たことがあってアピール力に欠けているようなものができあがってしまうことが多くなります。プロに作成依頼をしてしまえば秀逸なデザインに仕上げ、販促効果の高いランディングページを獲得できると期待できるでしょう。また、作成の相談をしている過程でランディングページ作成のためのノウハウについてアドバイスを受けることもできます。

初めてランディングページを依頼するときに重要なのがどの会社に依頼するかです。信頼できる会社であるというのは重要な要素であるため、会社概要について見てみると参考になります。資本金や創立年、従業員数、所在地などの基本情報に加えて事業内容についても記載されているのが一般的です。また、実績や与えられた称号などについても記載があるでしょう。これらを参考にしてまずは作成依頼をするために相談を持ちかける会社を選び出すのが肝心です。

ベンチャー企業としてランディングページを手がけている会社もありますが、会社規模が小さいからといって能力的に不足しているとは限りません。有能な人材が集まったばかりで実績があまりないという場合もあります。会社概要で重要な確認点は三つあります。一つ目は創立年が古いにもかかわらず実績がなかったり資本金が少なかったりするのはリスクが高いと判断できるということです。二つ目は事業所の所在地であり、連絡が取りやすいことを考えると自社から比較的近い場所にあるか、東京や大阪などのアクセス性が良いところにあるのを優先することが大切になります。そして、事業内容としてウェブマーケティング全般を扱っていることが三つ目です。特にSEOやPPC広告なども手がけていることはランディングページを作り上げるのに重要なことであり、事業範囲に含まれているかどうかを確認することが肝心です。ただのウェブ制作会社に依頼するよりも販促効果の高いデザインのランディングページに仕上げてくれると期待できます。