webサービスの利用を促す可能性が高いランディングページ

webサービスを利用するきっかけには様々なものがありますが、ホームページ上にリンクやバナーが貼ってあるのを見て企業のホームページを訪れる方が多いのではないでしょうか?
ランディングページとは、バナーを大きくし、多くの情報を詰め込んだような形をしたものです。多くはスクロールさせないと全てを見られないほどの大きさがあり、ポータルサイトに掲載されるようなものではありません。ランディングページを集めたwebページがあり、カタログのようなイメージになっています。また、ランディングページはそれを閲覧した人を他のページへ誘導することがありません。ページの下部にある申込フォームに情報を入力してもらうことが最終的な目標になるのです。
他のページへ誘導することなく広告する商品の魅力や情報を全て伝えることになりますので、自ずと情報量が多くなります。商品を特にオススメする文言が含まれる部分をいくつも作っておくことで、ページをスクロールするごとに何度も繰り返しオススメをする言葉を見せることができます。一種の暗示の効果があり、申し込みまで繋がる率が高くなるのです。
では、何故1ページを大きくしてwebサービスについての全ての情報を詰め込むのでしょうか?それは1つでもリンクがあることで広告を見た人のクリック率が下がるからです。初見であまり興味が無ければ、ページ数が書かれたリンクをクリックすることは無いでしょう。実際、半分以上の確率で最初に出てくるページしか見てくれないのです。
ランディングページは一般的な紙媒体の広告に使われる技法が通用する部分があります。色彩を派手にしたり、写真を豊富に使用するところです。例え魅力的な内容が記載されているとしても、ランディングページを見た瞬間に伝わるイメージが良くなければわざわざスクロールをして最後まで見てくれません。最後まで行かないと申込フォームにたどり着きませんので、広告ページとしては最初の印象が非常に重要になります。
webサービスを提供する企業では、近年人気が高まっているものですが、ランディングページ運用のポイントをしっかりと理解してこそ、宣伝効果が得られるものです。株式会社ZEROでは300社を超えるランディングページの改善実績があり、顧客の求めるターゲットに効率よく訴求する方法を提案してくれます。