ランディングページとウェブサイトの違いを理解して運用する

ランディングページとウェブサイトの違いを理解する事は、企業が賢く宣伝メディアを運用する為に必要です。企業向けのウェブサイトは、コーポレートサイトやプロモーションサイトやオンラインショップといった形態の物があり、用途によって使い分けています。ウェブサイトの利点は、顧客からの質問などのメッセージをWebフォームに入力して送信出来たり、商品やサービスの情報をそれぞれのページで行い、相互にページにアクセス出来たりする事です。しかし、宣伝を中心に行いたい場合、企業向けのウェブサイトでは情報が散らばってしまい、消費者に商品の魅力をアピールしにくいといったデメリットもあります。

ランディングページは、ウェブサイトと違って一ページ構成ですので、宣伝を行う媒体としては優れています。LPの制作から運用までを総合的に考えてランディングページを作成しておけば、売り上げの状況や新商品が販売開始された時に、ページの内容を変更しやすくなります。全ての要素を一ページに纏める事が出来るランディングページは、企業が商品のコンセプトやどのように売りたいかという事に合わせて常に変化させていく事ができ、工夫次第で商品の魅力を上手に伝えていく事が可能です。

ランディングページを制作したら、運用について考えていきます。通常のウェブサイトでは、CMSで構築する事が多く、一度サイトを作ったら、ブログのように新しい記事を作成していってコンテンツを増やしていく事が可能です。SEO対策は、文章の質を重視する傾向が強くなってきていますが、Webサイトはページ数を増やしていく事で検索エンジンの新しいアルゴリズムに対応しやすいです。ランディングページはシングルページという事もあって、一ページにSEO対策を行い、検索エンジンのアルゴリズムに対して効果を発揮させる必要があります。商品に関連するキーワードやビッグワードを使って文章を組み立てていく事になりますが、Webサイトよりも濃密に内容を詰めていき、構成を考えていきます。また、消費者に何の宣伝であるのかを分かりやすいように表現し、印象に残るようにし、コンテンツを読み進めてもらえるように文章を作り上げます。難しい専門用語を如何にして手短に誰でも分かりやすいように説明していくのかを考えてランディングページを作れば、運用がしやすくなります。