オンラインカジノのクラップスの遊び方

クラップスというのは、もっとも洗練されたカジノゲームの一種で、2つのさいころでプレイし、投げたサイコロの出た数の結果にプレイヤーが賭けるというものです。
ライブのカジノだけではなく、オンラインカジノでも人気のゲームで、もっとも基本的な賭け方として、7と11のバスラインベットがあります。
これは、7か11が出れば勝ちで、2、3、12は負け、そのほかは同点となります。

ほかのカジノゲームに比べると、テーブルのレイアウトも複雑で、難しく感じてしまいますが、ルールはシンプルですから、オンラインカジノでも人気のゲームとなっています。
なれるまでは複雑に感じるかもしれませんが、ルールを理解すればおもしろさも理解できます。
ライブカジノの場合は、ダイスを投げるシューターは、プレイヤーで順番に交代で投げていきますが、オンラインカジノの場合は、機械に投げさせるかまたは自分で投げるかを選択することができるのがほとんどです。

クラップスは、一見ルールが複雑に見えることから、日本人には敬遠されがちなカジノゲームですが、ベットに限っていうと、すべてのカジノゲームの中ではもっともプレイヤーに好意的なゲームといえます。
クラップスは、本場のラスベガスなどでも人気のゲームで、時折起こる大歓声の多くは、このクラップスのテーブルということも少なくありません。

クラップスは、ベットの種類が多いので、なれるまでは複雑に見えますが、基本となるプレイは非常に単純です。
クラップスの中でも基本的なベットは、「パスラインベット」で、ダイスを投げるシューターが勝つ方に賭けるゲームです。
・シューターが勝つ条件としては、1投目で7か11を出す。
・2投目以降でポイントの数字を再び出す
一方、シューターが負ける条件としては
・1投目で2、3、12を出す
・2投目以降でポイントの数字を再び出す前に7を出す
このルールを覚えておけば、気軽にゲームを楽しむことができます。

ダイスを使ったゲームのクラップスは、アメリカのカジノでも人気のゲームです。
ダイスの歴史は古く、先史時代の穴居人も洞窟の中で動物の骨を使ったダイスを使って、占いをしたり遊んでいたとされています。
また、ピラミッドやポンペイの移籍などからも、ダイスが発見されていますから、古くから親しまれてきた遊びだといえます。
クラップスの原型は、12世紀の十字軍で、アラビアに遠征したイギリス人騎士にさかのぼり、中近東から持ち帰ったゲームが、現在のクラップスへとつながります。
ほかのカジノゲームに比べると勝率が高く、みんなで楽しみながら遊ぶことができますから、特にアメリカ人には人気のゲームとなっています。

カジノゲームには、スロットやトランプなどを使ったゲームも人気がありますが、サイコロを使ったクラップスは、完全に運で数字が出て、勝つかどうかが決定します。
特に、1投目で4~6、8~10が出た後は、どちらかの目がでるまでは勝敗が決まりませんから、はらはらできるゲームといえます。